金貨とひとくちに言っても、その数は20万種類あると言われています。
では、どの金貨を買えばいいのでしょうか?
金貨の専門サイトであるゴールドコインでは、金貨選びのヒントが満載です。
ご予算に合わせ、投資スタンスに合わせ、またお好みに合わせ、あなたの金貨選びをお手伝いいたします。

参考例

日本の

ウルトラハイリリーフ金貨PCGS-MS70    480000円プラス消費税

海外

同じ商品が  送料と消費税を別にして 400000円 ということは

ちゃんとお金を支払って届くかどうかが1番の問題点です。

当社は 2つの方法でお答えします。

1 金額が安い場合 20万円とか、30万円とか、でしたら、当社の保険付き保証サービスで購入代行で買うことをお勧めします。

2 1000万円分など高いものは、当社が、アメリカの現地まで行きまして

直接、購入して、持ち帰ります。

そして、直接お持ちいたします。

 

金額で分けますのは、海外の飛行機代金と宿泊代金が、必要か必要で無いかの違いです。

どちらも安全ですので、ご相談をお待ちしています。

を買った場合です。
グレードとは、アメリカの2大鑑定会社がつけている70段階の評価です。
70に近いほどグレードが上です。

稀少性の高いトップレベル(1,000万円~5,000万円以上)のコインを、適正な価格で購入し、
5~10年保持すれば、ほぼ間違いなく値上がりします。

上記の画像のコインのように、年間27%~37%の値上がりは普通です。

アンティークコインは、年月が経つにつれて、資産家が1枚、また1枚と保持していきます。
家の家宝や、子供や孫への資産譲渡などにも使われるため、年々数を減らしていきます。

コインの数が減るので、オークションに出るのも5年に一度など限られた機会にしか見ることが出来ません。

したがって、オークションでは壮絶な入札合戦が始まるのです。
もし10年ぶりに登場する人気コインなどがあれば、オークションレコードを5倍くらい更新することもあるでしょう。

オークションの本場アメリカでは、数億円レベルのコインを競って入札しているほどです。

顧客以外の方に、この方法を知らせるわけにはいきません。
コインだけで30億円持ち、ワイン畑なども所有している富豪一家です。

正直彼らと組めば失敗する可能性は低いです。

すでに40年のキャリアがあり、コイン投資で成功し続けているのですから。

投資における重要点に、売却つまり出口戦略があります。
当然売却したい時にも、彼らのネットワークで瞬時に売り先は見つかります。

また、レアなコインも探せるネットワークがあるのです。

1980年代にブランチャード社においては、情報誌発行などのマーケティング戦略で同社のコインの売上を月間50万ドルから、400万ドルと8倍にまで拡大させた実力者です。

現在はカルフォルニアでレアコインの専門ショップを経営しています。
レアコインを資産として30億円以上持ち
コインマニアが羨むような、数億円の金貨を多数保有しています。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文