[Japanese]

<h2>無料初心者金貨購入相談<h2>

<h3>ウルトラハイリリーフ金貨と10万円金貨専門相談</h3>
地金型金貨の場合、地銀、地金商、貴金属商、コインショップなど多で取扱っており、1枚数万円から購入できます。
購入方法は、金地金と同様、店舗で直接購入するか、電話、ネットで予約することになります。
金貨には収集型金貨と地金型金貨の2種類あります。
地金型金貨とは、金地金の時価相当分に、少額の上乗せ金を加算した時価で売買されています。
これに対し、収集型金貨は、骨董価値や希少価値など、収集するコレクターなどにより、金地金価格より高額で売買されたりしている金貨をいいます。
このようなプレミアムは、発行国の造幣局が金貨を製造する時のコストや、輸送費、それに伴う諸経費などを合わせた費用で決められます。

現在、出回っている地金型金貨は、
・クルーガーランド金貨(南アフリカ共和国)
・メイプルリーフ金貨(カナダ)
・パンダ金貨(中華人民共和国)
・カンガルー金貨 (別名ナゲット金貨)(オーストラリア)
・イーグル金貨(アメリカ合衆国)
・ブリタニア金貨(イギリス)
・ウィーン金貨(オーストリア)
・バッファロー金貨 (アメリカ合衆国)
などがあり、日本ではカナダのメープリーフ金貨が多く出回ってます。

■金地金のメリット
・売買手数料がかからない。
・金地金よりも少額で購入可能でリスクも減らせる。
・5年以上保有すれば税金が減額される。

■金地金のデメリット
・スプレッドが大きい。
・損傷させると、安くなったり売れなくなってしまう。
・元本割れのリスクがある。

ウルトラハイリリーフ金貨専門の販売買い取りを古物商許可をされているから安心

ウルトラハイリリーフ金貨を売るときはヤフーオークションか金貨販売業者に販売代行、買い取りをする業者でないと売りにくいのが現実です。

その分、値上がり始めたら、急に値段がびっくりするくらい上がることも事実です。

1番良い方法は地金型金貨、インゴットGOLDと発行枚数の少ない金貨を分けて持つ方が良いと思っています。

アメリカ、イギリス、中国の金貨は英語で購入しないと安く買えないのも事実です。

当社はお客様に安く販売、高く売る(そのかわりに、わかりやすく1割位の利益をいただいています)をモットーにしていますので、

他社との違いはイギリス金貨、アメリカ金貨を公式鑑定機関PCGS,NGCの商品専門販売と買い取り

10万円金貨、5万円金貨、1万円金貨専門買い取り

プリスターパックに入った10万円金貨、1万円金貨、5万円金貨、インゴット(24金のことです)の金、プラチナだけ、購入相談と売却相談をしています。

ご安心してメールで相談してください。

古物商許可は公安委員会(もよりの警察署で受付)の調査をしていただいた方のみ許可が下りて所持をすることが出来ますので、発行番号にて名前、場所なども許可確認していただいています。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文